城陽市 久津川のバレエ教室 バレエスタジオ アッサンブレ

京都城陽市にあるバレエ教室のブログです♪ 日々のレッスンでの出来事などをお伝えしていきます^^

タグ:アレルキナーダのバリエーション

そして2日目。
入り時間は早いものの、さっさと支度をして出番を迎えますが、演技順は昨日の得点順になるので低学年部門さんは最後。エスメラルダを踊ります。
昨日は先生客席でーと言っていたのに、今日は袖で見守ってーとのこと。やはりプレッシャーを感じてるのですね。でも、このプレッシャーにしっかり打ち勝つ心を彼女には身につけてもらいたいと思ってます。これからもっと上を目指すのであればプレッシャーを味方にして、どんなところでも自分らしくしっかりと踊り切れるダンサーになってもらいたいと思います。
が!やっぱりプレッシャーには勝てなかったー。ちょいちょいちょーいミスる。。。
踊り終わってがーん(T_T)
やっぱりそそくさと入る(^◇^;)
袖に入って通路で、がーんとしていると審査員の先生が、キミ!!!そんな落ち込まない!!!と元気づけるアドバイスをいただき。有難い限り。
ただー、やっぱり自分でやってきたことをちゃんと出せること、また出せなかったとしても気持ち切り替えて袖に入るまで努力すること、ここまでできないとお客様は喜んでもらえません。
まだ小さい部門だけれど、ここまでプロ意識持ってやってもらいたいなと感じておりました。次回につなげよー!

次高学年部門フランツからアレキくんに変身^ ^
小学生の間は少しパを簡単にしても許されるけれど、中学生はそうはいかないよね?ということで、振りを変更して臨んだアレキ。
そして前日に他の男性出演者のマイムに感化されて、俺もっとたっぷりマイムする!と鼻息荒く(^◇^;)
どうなることやらと思っておりましたが、出だしはちょーっと不安定ながらもまぁ彼の実力じゃこんなところ、という感じ。そしてマイムを織り交ぜて、フィニッシュにかけてたっぷりとマイムをご覧いただきました(^◇^;)
まぁ彼の中ではやり切れた感はあったでしょう。もちろんまだまだという箇所たっぷりですし、人間欲深いものですから、もっとできたかも。なんて思ってるかもしれませんが、それはそれで向上心につながるのでいいこと。
2人ともよく頑張ったと思います✨

その後、審査が終わると、エキシビション。
まずは!!!先日のヴァルナ国際コンクールで入賞された、井関エレナさんのエスメラルダのグランパドドゥ!!!
迫力満点でした✨
その後NAMUEのコンテンポラリー作品の新しい課題曲とコンテンポラリー振り付け家さんの作品。
課題曲の作品もなかなか素敵でしたが、もう一つの作品は照明の使い方とか今後の舞台の参考にとてもなりましたよー✨
で、次は、民族バレエ。
1つはルースカヤ(ロシアの踊り)、もう一つは手毬(日本をモチーフにしたコンテっぽいもの)。
来年ロシアでNAMUEプレゼンツの国際コンクールが開催され、その際民族バレエ部門があるのですが、その参考にということで披露されました。
コンクールの場で、生徒さんはもちろん指導者も成長できるものにしたいという意図があり、この民族バレエ部門はとても指導者にとってチャレンジが求められてます。なかなか感慨深いものでした!!!
そして最後に、旧レニングラード国立バレエのプリンシパルの2人によるライモンダのグランパドドゥ。
ライモンダはハンガリーの踊りですが、ポールドブラが独特で簡単そうに見えてとても難しい。。。それをいとも簡単に見せつけてもらいました笑

たっぷりと豪華なエキシビションの後はドキドキの結果発表💓

結果!!!
小学生低学年部門 第1位!!!
小学校高学年部門 第3位!!!
よくやりましたおめでとう🎉
IMG_0636
これからも努力努力努力、感謝感謝感謝忘れずに頑張ってもらいたいです💪

各部門1位の出場者はインタビューを受けてました。
IMG_0632
しどろもどろーに答えておりました(^◇^;)受け応えの練習もしておかないとダメですね笑

IMG_0637
IMG_0634
審査員の先生&井関エレナさんと❤️

井関さんも第1回グランドファイナルで小学校低学年部門で第1位だったそう!!!目指せ、エレナさん^_^

何はともあれ、この夏、みんなよく頑張りました!!!
さて、秋に向けてしっかり繋いでいきましょー✨





昨日は大阪の浪切ホールでNBA大阪ジュニアバレエコンクールが行われました。その前日の金曜にも開催されてましたが、うちは土曜参加。6名エントリーしておりました٩( 'ω' )و

この浪切ホール、大変迷路のようですが、昨年初参加させてもらったことでちょっと慣れ、また今年もウロウロすることで、この場所はここから繋がってるのかー!などと発見したりして、慣れも大切だなと笑

そして最大の慣れは舞台の場所の使い方。昨年参加した3名はうまかったと思います。残り3名はちょーっと場所ドリうまくいってなかった気がします。

もちろん、初めての会場でもうまく舞台を使って踊りこなすことが求められますし、このコンクール2階席に審査員の先生方がいらっしゃるのでよく見られてると思います。
浪切ホールは奥が深いので、あんまり奥を使いすぎても前まで来れないし、かといって使わないと小さくなる。
本番前の場当たりでは何十人も一気に行うのでなかなか大変なことですが、そこで人に飲まれずしっかりと場所ドリを確認することが大切ですね。

さて、そんな中、まず小学4年生部門から。
ペザントちゃんとフロリナちゃんコンビ。
ペザントちゃんはトウシューズに立つということは出来つつあるので、トウシューズが床から離れた時にもシューズの中で力が抜けてないか?そして最大の表情が課題。
フロリナちゃんはNBAの音源で3回ぐらい?しか練習してこなかったのですが、トウシューズに立ってバランスを保つことがいつも使用している音源より求められているので、そこがクリアできるか?が課題。
ペザントちゃんは袖から見てましたが、彼女が今持てる力の中では1番発揮できたと感じました✨この大舞台でよく自分の力を出せたと思います。頑張りました!
フロリナちゃんは、やはりこの音との練習不足がよーく出てましたね。フロリナのバリエーションはホント難しいので、一つのミスもなくしっかりと踊りこなせるようになってもらいたいです!

次に小学5年生のフロリナさん。
一年前にコンクール初参加した時緊張するとかしないとかあまりなく、すっと踊ってくれてましたが、回を重ねるごとに上手く気持ちをコントロールできる時とできない時が出てきました。メンタルコントロールはとてもとても難しい技術です。今回もちょっと飲まれてたなーと袖から見てましたが、前々回に出たコンクールの飲まれ切った状態にはならず、少し自分を取り戻した感じがたった1分ぐらいの曲の中でその気持ちの浮き沈みが伝わってましたよ。しっかり練習してきたのだから、ここはうまく踊らなきゃという考えよりもフロリナになりきることが彼女には必要かなぁと感じました。

さて後半戦。
小学6年生のオダリスクさん。
前回のコンクールではピルエットが回れない場面が出て、踊りを途中放棄してましたが、今回はなんとかやりきってくれてました。でもね、やっぱり自分の癖と早く向き合って直していかないと、伸びていかないです。小学6年生から中学生は本当に上手い人が山のようにいます。そんな中でキラッと輝くためにはまず基礎がちゃんとできて、そしてプラスアルファが必要。彼女の個性はしっかり感じるので、あとはどれだけ基礎を大切に投げ出さずに練習してくれるか?期待大です!!!

中学1年生部門からはキトリさんとアレキくん。
キトリさんがこの踊りを踊りたい!といった時、彼女自身のキャラクターが全く違うのでどうなることか?と思いましたが、舞台人としてやっぱりどんなキャラでも踊りこなせることが大切なので、頑張ってもらうことにしました。
レッスンを進めるごとに悩んだり放棄したり(^◇^;)、ふと上手くいったりとかなり紆余曲折したのではないでしょうか笑?彼女の基礎の技術力は高い方です。容姿もバレリーナ向きで、めっちゃ美人です❤️あとは表現者としてどれだけ役柄を演じきれるか?内側から溢れる情熱を伝えられる技術をこれからも学んで考えて模索していってほしいです^ ^

アレキくんもNBA音源での練習回数片手で数えられるほど💦そしてこの音源に合わせての振り変更を直前にしたので、舞台の使い方が悪い悪い(^◇^;)
ですが、パの精度は少し上がってきたかな?まぁこれからできることを増やしていけば大丈夫。がんばれ!

という感じで全員踊り終わりました😌

結果は
小学4年生 
フロリナちゃん 1位
ペザントちゃん 4-2位
小学5年生
フロリナさん 4-1位
中学1年生
アレキくん 2-2位シード権獲得
キトリさん 5-5位
先生も優秀指導者賞を受賞させてもらいました🙌


IMG_0567
↑アレキくんに写真お願いしておいたらなんか寄ってるんですけど💦
IMG_0578
↑ちょっとペアルックみたいでいい感じやん👍

昨年度も入賞してたのですが表彰式に出てなかったので、今年はどんな感じか表彰式に参加してみると〜
IMG_0582
ちょーシンプルに並んで5番で整列。
審査員の先生方の紹介が軽くあり、各一位の子たちに感想を聞き、おしまい。。。写真撮影とかもなく笑

このコンクール進行も時間通りにサクサクと進み、結果が出るのも早い。。。
各コンクールによって全く感じが違うので、これも慣れないとね。。。

やっと3回目の夏を迎えてるスタジオなのと、以前アシスタントをしていた時にはコンクール指導や引率をしていなかったのと私自身もバレエのコンクールには参加したことがないので、コンクール引率も数をこなしておかないと、やはり主役は生徒さんたちなので生徒さんがそこで堂々と踊れるためにも指導者がワタワタしてたら生徒さんが不安になるので頑張っておかないとーと思い、この夏はかなりのハードスケジュールで動いておりましたが、残すところあと1つ!さぁ悔いのないように頑張ってもらいましょー💪





↑このページのトップヘ