9月5・6日、名古屋青少年文化センターアートピアで第10回NAMUEグランドファイナルが開催され、うちからは4名エントリーしました。(高学年部門3名、高校生部門1名)💪
image

この大会は約この1年間であったNAMUEコンクールの上位入賞者のみがエントリーできる大会。会場には過去の大会の上位入賞者の写真が飾られていました🤳
image
image
どこかに写っています😎

まだまだ感染症対策とお付き合いしながらの中なので、運営してくださる関係者の方には大変感謝しております🙏この中でも舞台で踊れるチャンスというのは本当にダンサーにとっては貴重なこと✨もちろんレッスンが大切😎だけれど、舞台で踊ることで学べることは山のようにあります。そしてこのような上位入賞者のみが出場できるコンクールとなると、やはりバックヤードの過ごし方も参考にさせてもらえることがたくさん。今回もたくさん学ばせてもらいました❣️

さて初日の様子から。
初日は昼過ぎ入りだったのでゆっくりとエントリー。
メイクをしながらアップをするのですが、、、。今回はアップルームがない・・・😱
リノが敷いてあるスペースが・・・ほぼ0。
ということで遠方から参加組にとってはかなり不利なのですが、もうそれは仕方のないことなのでどう時間を過ごすか?どう当日まで過ごしてきたか?がポイントだったと思います。
なので場当たりはやっとリノの上で確認できる貴重な時間。
みんな必死にやっていましたが、場所どりの確認もしながら床の状態、体の調整をしないといけないので時間が短くこれも大変だったと思います・・・。

まずは高学年フロリナさんから
この踊りはだいぶ落ち着いてこなせるようになってきたので、余裕のある踊りが出ていました。
最後のピケに関してもまとめられるようになりgood❗️安心して見ていられる踊りになってきましたね❣️
image

次はピンクエスメさん。
先日のコンクールから1ヶ月ありましたが、この踊りは(も)練習しておらず・・・。やはり勘が戻っていない・・・。いったいどれだけミスしたら気が済むのだー、なぜそこで止まってしまうのかーという大変残念な踊り。。。ここに出場している誰よりも多くミスをしていましたね・・・あちゃー😅もったいなすぎるけれど、彼女自身がそれに気が付かない限りは次に上がれないから、周りがギャーギャー言っても仕方ない(;^_^Aバックヤードに行くとしゅーんとなってよく今回の踊りにいたったことを感じていたようなので、お勉強お勉強。
image

高学年最後はレッドエスメさん。
こちらはそこまでのミスはなかったものの、ちょいちょいともったいないところもあったり・・・。ただ、最近踊りこなすうちにそういったミスの後でも表情を崩したり、踊りがストップすることがなくなり、きちんと最後まで気持ちを入れたまま踊りができる力がついてきました。また調子の浮き沈みでひどく踊りの出来不出来の幅は少しずつ狭くなりつつあります👍
image

高校生エトワールさん。
初めてコンクールで踊る演目なので、どのように踊りこなし、評価を受けるのか楽しみでした^_^
出から途中まではなかなかいい感じでしたが、途中軸と安定したプリエが少し欠けてもったいなかったかな~。でも、彼女らしい目に留まる踊りができたと思います。彼女は動いて調整して出番を迎える方なので、今回のコンクールはなかなか調整が難しいかな?と思いましたが、よく自己管理できたと思います。
image

という感じで初日を終えました。

そして2日目。
このコンクール、初日の順位で2日目の出番の順番が変わるのでなかなかシビアなコンクール(;^_^A
誰の後を踊ろうと、みんな上位入賞者だから上手い人のあとには変わりないんですがね・・・😅
まったく会場にてアップすることができないので、ぎりぎりまでホテルの部屋でそれぞれアップして会場入りしました💨

まずはスワニルダ第3幕さん。
トゥシューズでは初めてこのバリエーション踊るコンクール。そしてこの演目は場所どりも難しい・・・。場当たりをしっかり行い、いざ。
最後のマネージのところが若干疲れでキレがない感じが見受けられましたが(;^_^A少し表現と動きに硬さがあるものの丁寧に踊り切っていました。
エスメとは違ってジャンプもたくさん入っているVaなので今後の課題は軽やかなジャンプかな!?
image

次はオーロラ第3幕さん。
この踊りはバレリーナにとって憧れでもあり、踊りこなせないといけないものだと思います。おそらく一生踊り続ける踊りの1つかと。それぐらい本当に難しい。派手なテクニックがない分基礎がきっちり見えること、軽やかに足をさばいていき抜群の安定感が出ること・・・。それは本当にこれからこれからですが、私は彼女の本当に姫感が大好きで、以前なら失敗するとオーラが欠けてきたのに、それが欠けることなく最後まで踊り切れていたことが何より成長したなと思いました✨
image

パキータさん。
昨日のことには触れずにいると、結構一人黙々と昨日のミスを取り戻そうと頑張っている感じが見えました。ぎりぎりで焦っても仕方ないけれど、ぎりぎりまで自分がいい踊りをできるように努力することは大切。1つのミス、2つほどぐらっとなりつつものの、昨日のように踊りをあきらめずに最後まで全力で踊ろうとしたことはあっぱれです。この気持ちを忘れないでほしいと切に願う(笑)
image

高校生エスメさん。
昨日のパキータではちょっとふわふわすると上半身が先走ってしまったり、かかとで床が押せないプリエをするのでそこを丁寧に確認して出番を迎えました。途中それを忘れそうになった感じがありましたが、なんとなく客席後方にいる私の姿を確認した後立て直したような!?(後で聞いたらやはり私の姿が確認できたそうです(;^_^A)パーフェクトとはいえないものの、最後までしっかりと踊り切れたと思います。
image

全演技が終了後、今回は第10回の記念大会ということでSKE48の須田亜香里さんのトークやスライドショーで過去の入賞者のメッセージなどを見たあと表彰式がありました。


結果
小学高学年部門パキータさん 第5位 及びノヴォシビスク国立バレエ学校留学権利
高校部門エスメさん 第10位 及び ノヴォシビスク国立バレエ学校留学権利、イリーナペレン&マラトシェミウノフガラコンサート参加権、イリーナペレン&マラトシェミウノフ特別レッスン参加権
image

👏

2日間とも落ち着いて自分の力を出し切れる力をこのコンクールでは試されるので、他にはあまりないのですごくいい経験になると思います。
プロになったら公演が続いていく中で毎日ちゃんとお客様を満足させる力を出し切る必要があるので、その日のためにもこういう経験ができるならばまたさせてあげたいなと思います^_^

毎度保護者の方にも遠方までサポートしていただきありがとうございます🙏
子供たちが夢に向かって走るためには保護者の皆さんのサポートが本当に欠かせません。
またこのサポートというのが難しい塩梅で、一人一人どれぐらい付き添ってあげるべきか?今は付き添わず自立させるべきか?など指導と同じぐらい本当に匙加減が難しいと思います。
見誤るとせっかく伸びてきた芽を枯らしてしまったり、ひょろひょろにしてしまったりとなり、ばっちりだと本当にぐんぐん力強く成長してくれます。それを毎回一生懸命頑張ってくださる保護者の方々、ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

さぁ、自分たちのペースでしっかりと次に向かって進んでいこう!!せかせかする必要もないんだけれど、ちゃんと先のことを見据えて、今どう取り組んでいくか?を考えて頑張ろう!!

image

バレエ大好き😘
また来年来れるかなー😏